TOP > 新生活運動について
スポンサードリンク
アクセスランキング
香典返し・カタログギフトランキング
楽天市場で一番利用されているカタログギフトを調べてみました。贈り物の参考にしてみてください。


カタログギフト楽天1位



カタログギフト15500円コースギフトカタログ


カタログギフト楽天2位



カタログギフト SP 5500円コース(F) 引き出物しょっぷ


カタログギフト楽天3位



カタログギフト 【5500円コース】 ギフト工房 愛来
スポンサードリンク

新生活運動について

お受験から喪服まで、レディースフォーマルスーツ通販の【メアリーココ】
明日間に合う、ブラックフォーマル通販


花を贈るなら日比谷花壇へ



香典と新生活運動の歴史

昭和20年代から30年代にかけて、あちらこちらで「新生活運動」 という住民運動が広まっていったことをご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
敗戦直後の日本は、経済も不安定で葬儀なども満足に費用をかけておこなうことが困難な状態でした。そんな経済的負担から「新生活運動」が引き起こされました。

「新生活運動」は地域によって多少の違いがありますが、
〜鮗阿旅疆気篭盂曚鮠なくして、香典返しは辞退するようにしましょう
結婚式は公共の施設で行いましょう

等の言葉が叫ばれました。


他には

「お膳・会食の金額は幾らまでにしましょう」とか
「生花・盛篭は2対までにしましょう」
 「お膳・会食の金額は幾らまでにしましょう」
などのようにな取り決めも作られました。

つまり、生活の中の無駄とか見栄をなくて、虚礼的な贈答はなるべくやめて生活を簡素化しよう、そして経費の削減に努めよう、というのが「新生活」の考え方です。

しかし、日本が高度経済成長を遂げる時代の中で、「新生活運動」は徐々に忘れられていきました。
「新生活」の受付で香典を渡す際には、「運動の趣旨に賛同し、香典返しは辞退します」と記した袋を使用します。

 地域によって【新生活】として出す香典の金額は異なっています。 現在でもこのような運動が残っている地域、関東北部などでは、 近隣の人は一律500円などと取り決めをしている地域があります。 また、取決めまではなくても、地域により金額の相場が存在しています。


◆このカテゴリー内の他の記事◆