TOP > 法要・行事による相場 > お通夜の香典・マナー
スポンサードリンク
アクセスランキング
香典返し・カタログギフトランキング
楽天市場で一番利用されているカタログギフトを調べてみました。贈り物の参考にしてみてください。


カタログギフト楽天1位



カタログギフト15500円コースギフトカタログ


カタログギフト楽天2位



カタログギフト SP 5500円コース(F) 引き出物しょっぷ


カタログギフト楽天3位



カタログギフト 【5500円コース】 ギフト工房 愛来
スポンサードリンク

お通夜の香典・マナー


明日のお葬式・お通夜で準備しておきたい「忘れ物チェックリスト」はこちら 


↓↓
楽天で人気のブラックフォーマル専門店 喪服 レディース 女性 かわいい ブラックフォーマル アンサンブル 七五三(礼服・喪服・法要、卒業式・卒園式) オールシーズン対応
お通夜での香典についてお伝えしますね。

お通夜とは、近親者と死者がともに最後の夜を過ごして、個人の霊を慰めて、邪霊の進入を防ぐ為に行う儀式として長年続けられてきました。

通夜は遺族と親しかった人たちが最後のお別れをするための時間です。告別式は、逆に故人と親しかった人たちとのお別れをする公の場として執り行われる儀式です。

最近は「半通夜」といって、夜6〜7時から9〜10時までの1〜2時間程度を通夜とすることが多いです。一般の弔問客はこの時間内で切り上げ、その後は近親者が終夜故人のそばで過ごします。
よって、あまり長居をせず、僧侶の読経、焼香が済んだら、すみやかに静かに退席します。

本来、通夜と告別式の両方に参列するべきなのですが、最近は仕事の都合で昼間は無理な人が多く、夕方からとり行われるお通夜のみに出席する人も多いですね。

会社などで、業務上で参列する場合等は、上司の指示を仰いで、お通夜、告別式どちらに参加するか、相談してみる事も必要です。


通夜の服装は、親族が喪服といわれたり、喪服を着ると用意していたように思われるので、それを避けてフォーマルな服装で伺うようにということも言われていました。しかし現在では、通夜のみの出席、告別式のみの参列の場合も多く、喪服(モーニングやフォーマルドレス)あるいはスーツでもかまわないですが、可能であれば一度自宅に帰って喪服に着替えることができるならベストですね。
通夜は、一報があってから遅くても翌日には、行われます。あわてないためにも外で働いている方で、そういった参列の機会が多い方は自分のロッカーの中に、必要なものを一式用意しておくと、職場から直接お通夜に参列できます。

通夜に参列する場合、香典を持参するわけですが、通夜と告別式の両方にに参列する場合は、どちらか一方のみ香典を用意すればよいです。

金額の相場は、「香典の相場を確認する」のページを参照してくださいね。

通夜のちょっとした注意点でした。











スポンサードリンク


web拍手
Edit