TOP > 香典返しの方法 > 香典返しの時期とお品・金額の相場は?
スポンサードリンク
アクセスランキング
香典返し・カタログギフトランキング
楽天市場で一番利用されているカタログギフトを調べてみました。贈り物の参考にしてみてください。


カタログギフト楽天1位



カタログギフト15500円コースギフトカタログ


カタログギフト楽天2位



カタログギフト SP 5500円コース(F) 引き出物しょっぷ


カタログギフト楽天3位



カタログギフト 【5500円コース】 ギフト工房 愛来
スポンサードリンク

香典返しの時期とお品・金額の相場は?


明日のお葬式・お通夜で準備しておきたい「忘れ物チェックリスト」はこちら 


↓↓
楽天で人気のブラックフォーマル専門店 喪服 レディース 女性 かわいい ブラックフォーマル アンサンブル 七五三(礼服・喪服・法要、卒業式・卒園式) オールシーズン対応
※香典返しとは


香典返しは、返礼品とも呼んで、基本的には四十九日の後、納骨の報告とお礼をかねて送るのが通例となっています。

もともとは、昔貧しい中、親族や村落の相互扶助として、米や野菜などを持ち寄ったのが香典の始まりです。
江戸時代には、香典をいただいたら、お礼の品物を送るのではなく、香典帳に住所、名前、金額を記載しておき、その方のご家庭に不幸があった時に香典帳の金額とおなじ金額の香典をお返ししていたものが香典返しの意味でした。
現代でも香典帳にはきちんと残しておき、香典をいただいたご家族に万が一同じようにご不幸があれば、その香典帳から、いただいた金額に相当する香典を用意するのがよいでしょう。

行う気持ちの部分としては、葬儀の時にあなたからいただいた香典のおかげで四十九日間、供養することが出来ました。故人も無事に浄土に旅立つ事が出来ましたという感謝の気持ちを表すということです。出費に対しての助け合い(相互扶助)の意味あいです。本来品物でのお返しは必要ないのですが現代においてはそれが慣習になっています。



※香典返しのマナー

香典返しを送る時期なのですが仏式では四十九日忌明け後となり、挨拶状を添えて送るのが一般的です。また故人が亡くなってから四十九日まで3ヶ月にわたる場合は、三十五日の忌明け後に送る場合もあります。

しかし最近では、香典をいただいた通夜や葬儀の日に、略式形で会葬返礼品とともに香典返しを行うことも増えてきています。この人にいくら戴いたからと各々について考える手間も省けますし、住所管理なども必要なくなるためです。
万が一、香典返しのみを単品でお返しした場合、返礼品などと間違われる可能性がありますので、渡すときは2品同時に渡します。

香典返しを香典を頂いたその日のうちに行う場合、いくら香典をいただくか、各個人に対してわかりませんので、だいたいの香典の平均を予測して商品の金額を決めます。お返しの品を金額によって3種類ほど用意して振り分けるようにしても良いと思います。

香典返しに使う商品は日用品、たとえばバスタオルや緑茶、砂糖、コーヒーセット、椎茸、醤油、のり、味噌など、どこの家庭でも使う日用品・消耗品を送るのが通例です。
金額に関しては、いただいた香典金額の1/3から半額くらいの品をお返しします。

特に平均からはずれた高額の香典を頂いた方には、別途四十九日法要後に、別のお品を香典返しとしておとどけするのが望ましいです。        




※香典返しの表書き


香典返しの品々には、かけ紙(のし)・水引きをかけましょう。

のしの種類


 
表書→志
水引→紫銀の結び切り
用途→香典返し・法要(仏式、神式、キリスト教など)





表書→「志」
水引→紫銀の結び切り(蓮のし)
用途→香典返し・法要(仏式)

表書→「志」
水引→黄白の結び切り
用途→香典返し・法要

表書→「満中陰志」
水引→紫銀の結び切り(蓮のし)
用途→四十九日、法要など(西日本で多く使われています)

表書→「満中陰志」
水引→黄白の結び切り
用途→四十九日、法要など
(西日本で多く使われています)

表書→「粗供養」
水引→紫銀の結び切り(蓮のし)
用途→法要など(仏式)

表書→「粗供養」
水引→黄白の結び切り
用途→法要など

表書→「偲び草」
水引→黄白の結び切り
用途→50日祭、一年祭、法要など(神式、キリスト教など)    


表書きは、「志」が一般的です。「志」は宗教を問わない書き方です。
水引きの下には、施主の名字かフルネームを記入

神式の場合は、五十日祭の後にお返しします。表書きは「偲び草」「志」です。

キリスト教の場合は、一ヶ月後の命日が過ぎたごろにお返しします。表書きは「記念品」「志」です。


※香典返しを送る範囲

通夜や葬儀で香典や会葬をしていただいた方や葬儀の準備などでお世話にになった方へお返しします。

会社一同という場合のお返しは、皆で使えるような、お菓子や飲食物のようなものがいいと思います。




※香典返しの挨拶状

本人に直接会えない場合などは、挨拶状を添えるのが通例です。
挨拶状は、香典返し挨拶状サンプルとして、葬儀店で取り次ぎしてくれたりギフト店舗や百貨店などで文例が準備されていますので商品発注の際同時に依頼しておきましょう。


※香典返しと商品券

よく香典返しに商品券を利用したいという方がいらっしゃいます。先方の使い勝手を考えてのこと、合理性を見てそのような考え方をされるわけですが、商品券の場合金額がわかってしまうということから避けておいた方がいいと思います。

最近では、そういった商品券の問題点を解消した、返礼品選びでカタログギフトの利用があります。先方様の自由度も増しますし、香典返しでも積極的に利用される方が増えています。

しかし、先方の方が付き合いが深くて商品券でとおっしゃる場合や、どうしても商品券を使わざるおえない場合もあります。

そのような場合、金額全部を商品券でお返ししない方が良いでしょう。
たとえば頂いた香典が50,000円で香典返しが25,000となる場合、全額25,000円を香典返しとはせずに、商品+商品券、つまり25,000円の内15,000円を商品代(カタログギフト利用)、残り10,000円を商品券とすることによって、金額もはっきりせず、相手の気持ちを考えると無難な選択で、おすすめの方法です。
ただし、香典返しが10000円以下など安価な場合は、分けるといっても難しいと思いますので、その場合は商品券の利用は避けた方が無難です。


商品券とはどんなものを指すのかといいますと、相手の使い勝手を考えると、「全国百貨店共通商品券」がおすすめです。この商品券は、まず全国の百貨店なら使用できますので安心です。

あとは、UCギフトカードやDCギフトカードなどもよく使われています。こちらは、量販店やホテルなどでも使用できます。



以上
香典返しについてお伝えしました。
参考にしてくださいね。
 

スポンサードリンク


web拍手
Edit