TOP > 包み方 > 香典袋へのお札(お金)の入れ方、中袋の包み方
スポンサードリンク
アクセスランキング
香典返し・カタログギフトランキング
楽天市場で一番利用されているカタログギフトを調べてみました。贈り物の参考にしてみてください。


カタログギフト楽天1位



カタログギフト15500円コースギフトカタログ


カタログギフト楽天2位



カタログギフト SP 5500円コース(F) 引き出物しょっぷ


カタログギフト楽天3位



カタログギフト 【5500円コース】 ギフト工房 愛来
スポンサードリンク

香典袋へのお札(お金)の入れ方、中袋の包み方


明日のお葬式・お通夜で準備しておきたい「忘れ物チェックリスト」はこちら 


↓↓
楽天で人気のブラックフォーマル専門店 喪服 レディース 女性 かわいい ブラックフォーマル アンサンブル 七五三(礼服・喪服・法要、卒業式・卒園式) オールシーズン対応
お札の入れ方、中袋の包み方を書きたいと思います。


お札の入れ方のマナーとしては、


新札を使わない。
「準備していました」という風にとらわれないために、旧札を入れるようにしだいになっていきましたが、もしお札が新札しかない場合は、折り目を半分に入れます。
最近では、人に捧げるものでもあるため、新札でもいいのではないか?と言う意見もあります。




お金の中入れへの入れ方

中入れを広げます。中央にお金を入れます。
よく、お金を逆さまにして入れると言われますが、お香典は死者に供えるものですから、さかさまにする必要はありません。

中袋を元通りにたたみます。

中包みのお札の包み方は、折り返した三角形が下に向かないように気をつけます。これは故人への悲しみを表しています。


「ふくさの包み方」

弔事用のふくさの包み方は
香典袋へのお札(お金)の入れ方、中袋の包み方
でも紹介しましたが参考にしてください。
クリックするとふくさの包み方が拡大されて見る事が出来ます。

弔事の場合のふくさの包み方

留め具が左になるようふくさを開き、右側、下側、上側の順で折り、最後に左側を追って留めます。



ふくさの包み方
























上包みに入れる方法

裏返しにして、下の方の紙を水引から抜きます。
上の紙はそのままです。

下から中包みをスライドさせて入れます。

中袋を上包みの中に入れたら不祝儀袋は祝儀袋と違い上から下に重ねます。



スポンサードリンク


web拍手
Edit